見返りは期待せずに生きたい。

タイトルそのまんま。見返りを期待しないで行動。所詮は自己満足かもだけど。適度に力を抜いて生きてます。

タイトルそのまんま。
見返りを期待しないで、良いと思ったことをする。
所詮は自己満足かもだけど。

日々のあれこれ、空想、妄想、そして現実。

足りないくらいがちょうどいい。

おいしいものでも、沢山あってそればかり食べていると多分飽きるだろう。

だから、少し足りないくらいがちょうどいい。

職場の同僚にいただいた岩手のお菓子、萩の月。

めちゃうま。

岩手の南部煎餅もおいしいよね。

岩手万歳!


食べ物だけではなく、何事も、少し足りないくらいがちょうどいいのかも。

そこにあるのが当たり前になってしまうと、感謝する気持ちを忘れてしまうような気がする。


今日のお弁当。

このお弁当箱に入れるとめちゃおいしそうにみえるから不思議。

野菜が入ってないけどまぁいいか。


時々…人と会うのが面倒になる。

友だちから連絡があったんだけど、ちょっと億劫。

このまま会わずにどちらかが死ねば、あの時会っておけばよかった、と思うのだろうか?

あまり、あの人に会いたい!と強く思う気持ちになったことがないような…。

大切な人でも、遠くで幸せにしていてくれたらそれでよい、と思う。