見返りは期待せずに生きたい。

タイトルそのまんま。見返りを期待しないで行動。所詮は自己満足かもだけど。適度に力を抜いて生きてます。

タイトルそのまんま。
見返りを期待しないで、良いと思ったことをする。
所詮は自己満足かもだけど。

日々のあれこれ、空想、妄想、そして現実。

気持ちを切り替えて!!

皆さま、ご心配をおかけいたしました。

コメントを寄せていただいた方、ありがとうございます。


4月12日は三男の誕生日で、仕事が終り注文していたケーキを取りに行こうとしていたその時、携帯が鳴った。

長男からで、嫁が事故にあった、と。

事故といっても相手がいる事故ではなく、自転車でこけたということだった。

嫁はてんかんがあり、時々発作をおこす。

今までも自転車に乗っている時にこけたことがあり、自転車禁止だよ、って言っていたのに。

気づいたらこけていて、足が変に曲がっていて通りかかった人に救急車を呼んでもらったそうだ。

ふくらはぎの骨が折れて、くるぶし2ヵ所も骨折、金属のプレートを入れ、ボルトも入れる三時間の手術だった。

頭を打っていなかったのが不幸中の幸いだったわ。

前回、てんかんの検査入院した時に脳が炎症をおこした為、頭蓋骨が一部開いたままになっているので…。

何故、そんな状態で自転車に乗ってしまったのか…。


嫁の弟さんと初めてお会いしたのだか、『本当にいつもお世話になり、ご迷惑かけてすみません。今も時々発作はありますが、昔に比べたら落ち着いているほうです。夜中に発作がおきて手がつけられなくて救急車を呼び、眠らずに仕事に行ったこともあったんです。今は心が穏やかで落ち着いているんだと思います。』と言われた。


人生いろいろあるな。


何か変わった出来事があると、気持ちに余裕がなくなってしまう時があるけれど……。

そうじゃないんだなぁ…。

だからこそ、小さな事に喜びを見いだし、生活を楽しまなければいけないと感じる。

『それどころじゃない』という切羽詰まった気持ちにはなってはいけないんじゃないか?


あわただしかった日の誕生日ケーキ!