見返りは期待せずに生きたい。

タイトルそのまんま。見返りを期待しないで行動。所詮は自己満足かもだけど。適度に力を抜いて生きてます。

タイトルそのまんま。
見返りを期待しないで、良いと思ったことをする。
所詮は自己満足かもだけど。

日々のあれこれ、空想、妄想、そして現実。

修行中。

休日。

掃除と片付け、洗濯と雑用。

忙しくて昼寝ができなかった。


晩ごはんはシチュー。

この季節、無性にシチューが食べたくなる。


好きな本。

宮部みゆきの、あんじゅう。

はじめて読んだ時、くろすけとの別れの場…新左衛門がくろすけに語りかけるシーンで号泣。

涙が流れた、という生易しいものではなく、マジで嗚咽。

なんであんなに胸が締め付けられたのか。


人間なんてひとりで生まれてきてひとりで死んでゆく。

誰もが孤独。

自分のことを誰かに理解してもらおうとも思わない。

っていうか、そんなん無理。

だけどこの年になって故郷がやけに懐かしくなるのは何故だろう。

子どもの頃は、すごく苦手だったのに。

田舎ってみんなそうなのかもしれないけど、閉鎖的で好きじゃなかった。

家庭環境も特殊だったせいか…。


孤独だけど…孤独な中でも人と関わらないと気づきもないし学びもないな。

自分とは全然違う考えの人もまたおもしろい。

まだまだ修行させてもらおう。