見返りは期待せずに生きたい。

タイトルそのまんま。見返りを期待しないで行動。所詮は自己満足かもだけど。適度に力を抜いて生きてます。

タイトルそのまんま。
見返りを期待しないで、良いと思ったことをする。
所詮は自己満足かもだけど。

日々のあれこれ、空想、妄想、そして現実。

寂しいという感情。

朝から献血。

貰ったのはこれ。

今年中、あと一回行きたいな!献血。

今日の看護師さんは、注射針刺すのがめちゃ上手やった。

献血の針は太いので、刺す時は痛いのがあたりまえだと思っているんだけど…全然痛くなかった。

それを伝えると『いい場所に刺さったんですね』と。

いい場所とかあるんか?

上手い下手じゃなくって?

いつもいい場所に刺してくれ!と叫んだわ。(心の中でね)


御歳暮でおいしいのいただいた!

パンみたいなの、詰め合わせ!

しばらくはこれがわたしの朝ごはん!


寂しいという感情について。

わたしには寂しいという感情があまりない。

人が、普通に寂しいという気持ちがね…よくわからない。

人間って孤独な生き物だと思っているから。

誰かと関わるのは楽しいことだけれど…。

誰もが一本の自分の道を歩いていて、それが自分の人生。

たまに誰かの道と交差したりもする。

一緒に歩いてみたりもする。

で、じゃあまたね、って別れて。

皆、自分の道を歩く。

どんな出会いにもなにかしら意味があって無駄などない。

まぁ、まるっきり寂しさがないわけでもない。

人が亡くなるのはやっぱり寂しい。

でも、目の前からいなくなっただけで、いつかまた会えると信じてるから寂しさも一瞬。


今日のビフォー・アフター

山ほどの洗濯物でもたたむとコンパクト!

干すときにパンツがないのに気づかず、今、濡れたままで落ちてるパンツを発見。

切ないわー。

パンツさん…寂しかっただろうな!